ものを“創る”ことへのこだわりは誰にでもある自然な心です。 その心の表現を仕事としている建築家は、純粋であるべきですし、美しいもの・暖かいもの・明るいものなど、それらを素直に読み取れる感性を養うべきであると思います。 クライアントの考えているものを感性というフィルターを通してどのようなかたちに創りあげていくかが建築家に与えられた大きなファクターと言えるでしょう。 良い建築の評価がどのように変わっていこうとも、ものを創る心への思い入れを忘れずに持ち続けたいと思います。 Mitsuo Yokosuka

横須賀満夫

略歴

1938年10月3日
常陸太田市にて医師・横須賀敏雄の次男として出生設 
1957年3月
茨城県立太田第一高等学校卒業 
1962年3月
 
日本大学理工学部建築学科卒業 
吉田建築事務所(東京新宿)、ヤカタ建築事務所(東京銀座)を経る 
1968年5月
東京都神田神保町に横須賀満夫建築設計事務所を設立 
1970年5月
事務所を水戸市大町に移設。同時に分室を東京都杉並区梅里に移設 
1971年6月
事務所を水戸市上水戸1-1-25に移設
1979年4月
事務所を水戸市千波町1140MHKビルに移設
1985年7月
事務所を水戸市桜川1-5-15都市ビル1に移設
1986年3月
有限会社より株式会社に組織変更 
1991年10月
東京支店開設 
2002年7月
国土交通大臣表彰 
2003年11月
黄綬褒章受賞 
2004年12月
事務所を水戸市南町2-1-18アーキビルに移設
2007年11月
茨城県功績者表彰 
2010年11月
旭日小綬章受賞 

所属

  • 茨城県建築士事務所協会会長
  • 日本建築家協会茨城地域顧問
  • 水戸ロータリークラブ元会長
  • 水戸ユネスコ協会副会長
  • 日本建築士会会員
  • 日本建築学会会員
  • 日本大学松井研究室材研会幹事
  • 日本大学校友会副支部長
  • 日本大学校友会特別維持会員
  • 元水戸市商業活動調整協議会学識経験者委員
  • 水戸地区太田一高会会長
  • 茨城県建築士審査会会長
  • 元茨城県建築審査会委員
  • アーキマリンクラブキャプテン
  • 水戸法人会水戸地区理事
  • 水戸市景観委員会副委員長
  • 水戸市建築審査会委員
  • 水戸市ニューファクトリー委員会副委員長

研究・著書

1962年
軽量コンクリートの強度に関する研究(日大・松井研究室) 
1965年
建築パース入門(共著) 
1997年
 
ボローニャのポルティコに学ぶ
(インドにコルビジェ・ルイスカーンを訪ねて) 
1998年
現代建築の巨匠達のルーツを訪ねて 
2007年
地域遺産はがき(ユネスコ協会)