触れ合い・充実

東海村立照沼小学校

茨城県那珂郡東海村

第28回茨城建築文化賞入選

建築から繋がりを生む

「人と自然と文化のコミュニティスクール」を基本テーマとし、地域と学校の綿密な繋がり、子供同士の触れ合い、読書環境の充実を計画の基本としました。健康的でぬくもりの感じられる教育環境とするため、教室は南面採光の健康配置とし、この地のもつ豊かな自然環境を教室に取り込みながら、安全で心地の良い学校づくりを行いました。

活動体験を促す環境

普通教室は小規模校(単学級)の特色を活かして、子供たちが校庭などの屋外にすぐにでて活動ができる平屋建て校舎としました。低学年ユニットと高学年ユニットを半屋外の中庭(コミュニティテラス)を挟む形で配置し、異学年交流を促すようにしています。また屋上緑化を施したテラスは特別教室と連携した屋外学習テラスとして積極的に活用できるようにしました。
屋外には「てるぬま広場」、自然観察広場、収穫のみちなどの体験施設を設けており、地域の方と収穫祭等をともに行い、地産池消を実践する食育教育が行われています。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

高学年ユニット

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

昇降口前の出会いのひろば

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

グラウンドから

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

みんなのみち

○○○○○○○○○○○○○○

みんなのみち

○○○○○○○○○○○○○○

ルーフガーデン

○○○○○○○○○○○○○○

昇降口前ホール

○○○○○○○○○○○○○○

高学年ユニット

○○○○○○○○○○○○○○

図書室

○○○○○○○○○○○○○○

屋内運動場

設計情報

東海村立照沼小学校

  • 建築面積:4,783.41㎡
  • 延床面積:5,376.26㎡
  • 階数:地上2階
  • 主体構造:鉄筋コンクリート造

外部仕上げ

  • 屋根:ガルバリウム鋼板立平嵌合葺
  • 外壁:タイル貼
  • 開口部:アルミサッシ

内部仕上げ

  • 床:複合フローリング貼
  • 壁:掲示クロス貼 腰:杉板貼
  • 天井:化粧吸音石膏ボード貼