Sketch of Architects

水府橋

水府橋

「さようなら水府橋」

水戸市の那珂川に架かる水府橋は開通から75年を経て、今も県都の大動脈としてその存在感を示しています。このスケッチに見られるように、美しい構造美を今も誇っています。橋の開通は1932年(昭和7年)、世界的な大恐慌に見舞われた昭和初期に政府の失業救済事業として行われました。又、水府橋の架橋以前は水戸市下市の寿橋を利用していましたが、下市の道路は狭く屈曲路が多く、水戸線と常磐線の踏切が交通障害となって上市との交通が円滑でなかったことがありました。そんな状況の中で、水府橋の架橋工事は水戸駅から北へ直進し大杉山を切り通しとして那珂川に至り、これを橋で渡り水郡線を立体交差して勝田市(現ひたちなか市)枝川で国道6号に合流する延長2,480メートルのバイパス工事の一環として行われました。橋長172.1メートルの水府橋の形式は、専門的には下路3連ワーン型トラス3連橋と呼ばれるものですが、構造面で注目すべき点は車道の両側にそれぞれ2メートルの歩道が設けられている事です。車の交通量が少ない当時としては、橋に歩道を設けることは考えられないことでしたので、画期的な橋と言っても良いと思います。開通式は盛大であったそうです。開通は当日の「いはらき新聞」に『水府橋きょう第一歩を記す。水戸に新名所』と見出しを打ち、翌日の夕刊(夕刊があったのです)では小学生2千人が日の丸を手に、渡り初めをする模様を写真3枚入りで伝えています。総工費約17万円の水府橋は市民待望の本格的な鉄鋼の橋だったのです。この那珂川に架かる名物橋も数年後には去り行く運命にあります。水害を防ぐ為の河川改修に伴って架け替えが決まり、新橋の建設が下流域に進められています。市民の暮らしや楽しさを支えてきた名橋にご苦労様そしてさようならを!

Location 茨城県水戸市水府町

+ 拡大する

Sketch of Architects