下妻市立東部中学校

プロポーザル1位当選

自然環境を活かした心地よい学校づくりとともに地域の防災拠点や生涯学習の場となる施設です。
校舎は内外空間の連続性と接地性の高い2階建で、校舎と体育館を一体化し回遊性のある動線計画としています。独立した学年ユニットプランを採用して、学年ごとに多目的スペースを設けることで多様な学習形態に対応した教室空間を整備しました。教室は南向きの健康配置として、ハイサイドライトや吹抜から自然の採光や通風を取り入れ学習に適した環境としました。
防災時の避難所としての機能と地域開放施設を体育館とともにまとめ地域に開かれた学校施設としています。太陽光発電設備や雨水利用の散水設備等、環境に配慮した施設としています。

住所
茨城県下妻市
竣工日
2012.04
建築面積
7,596.86㎡
延床面積
9,231.93㎡
構造
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上2階
  • 下妻市立東部中学校
  • 下妻市立東部中学校
  • 下妻市立東部中学校