取手競輪場メインスタンド

第29回茨城建築文化賞入選

県営取手競輪場は、旧県営競馬場を改修し、健全娯楽の一つとして昭和25年に第1回 の競輪が開催されました。オープンから約58年を経過し、建物の老朽化と競輪人口の 減少に伴い施設利用率の低下が進むなか改善を図るため、老朽化の著しいメインスタンド に含まれる審判機能をバックスタンドに移し、耐震改修を含めてリニューアルを行いま した。着工前に3.11東日本大震災の影響を受け本場開催が困難となったため、早急な 対応が必要になった物件です。

住所
茨城県取手市
竣工日
2013.09
建築面積
2,542㎡
延床面積
6,892㎡
構造
RC造,一部S
  • 取手競輪場メインスタンド
  • 取手競輪場メインスタンド
  • 取手競輪場メインスタンド
  • 取手競輪場メインスタンド